introduction

大腰筋は「腸腰筋(ちょうようきん)」という筋肉群の一部です。腸骨筋・大腰筋・小腰筋の3つを合わせて腸腰筋と呼ばれます。腰痛や肩こりなど体の違和感などに大きく関連する筋肉たちです。


◆起始と停止について
筋肉は縮むことで体を動かせますが、筋肉が縮むときに動きが小さい側を起始、動きが大きい方を停止と定義されています。


◆作用について
その筋肉が縮むことでどのように体が動くのかを記載しています


◆支配神経
背骨の隙間から神経が伸びて目的の筋肉にたどり着きます。どの高さから出ているか。その神経はどのような名前かを記載しています。


筋肉の情報

起始:第12胸椎-第4腰椎の椎体・腰椎の肋骨突起
停止:大腿骨の小転子
作用:股関節の屈曲・外旋
支配神経:腰神経叢 (L1-L3)


正面から見た大腰筋


横から見た大腰筋 →が前


背中側から見た大腰筋


股関節の内側に入り込む大腰筋



解説

腸骨筋・大腰筋・小腰筋はまとめて「腸腰筋」と呼ばれます。

その中でも特に股関節を屈曲する力のメインとなるのがこちらの大腰筋。

膝を胸に近づけるように股関節を動かす筋肉ですが、足を固定すると仰向けから上半身を起こす「腹筋トレーニングの動き」ができます。

座り仕事や長時間の車の運転、運動の不足などで筋肉がギュッと固まって短縮してしまいます。硬く固まった筋肉は当然、動きが悪くなり、その分、他の筋肉が働くこととなります。

何よりこの大腰筋の中を腰神経叢という細かく枝分かれした神経が通っているので固まっていると「腰が痛い」という信号が脳に送られてしまいます。


また、背骨の横をガッチリと捕まえている筋肉なので短縮してしまうと、勝手に「腹筋トレーニング」のように上半身を前に屈める力が働きます。

そのため特に何もしていないのに背中側の筋肉と対立し合って、勝手に疲労が溜まって神経の問題とはまた別な腰痛が起きたり、姿勢の悪さを引き起こしてしまいます。

身体が前屈みになって腰を曲げて歩くお年寄りの姿。

膝は外に開いて、肩を丸めて、いつもどこか痛いと感じている。

大腰筋が固まったまま放っておくと腰痛や姿勢の悪さだけでなく、ちょっと歩くと足に痺れるような痛みが走って、まともに生活ができなくなる恐れがあります。

30歳でも手術が必要と言われることもあるぐらいの腰回りの辛さに発展することもある大事な筋肉です。

姿勢が悪いと気になっている方は是非ともこの大腰筋を見直してみてください。