introduction

外旋六筋は名前の通り股関節を外に回す働きのある6つの筋肉の総称です。梨状筋・上双子筋・内閉鎖筋・下双子筋・大腿方形筋・外閉鎖筋。全てほぼ股関節の外旋筋のため起始停止や支配神経など、本項では6つまとめてザックリと記載しています。


◆起始と停止について
筋肉は縮むことで体を動かせますが、筋肉が縮むときに動きが小さい側を起始、動きが大きい方を停止と定義されています。


◆作用について
その筋肉が縮むことでどのように体が動くのかを記載しています


◆支配神経
背骨の隙間から神経が伸びて目的の筋肉にたどり着きます。どの高さから出ているか。その神経はどのような名前かを記載しています。


筋肉の情報

起始:仙骨から閉鎖孔を経て坐骨結節まで
停止:大腿骨の大転子まわり
作用:股関節の外旋・外転・内転
支配神経:仙骨神経叢と閉鎖神経


背中側から見た外旋六筋


横から見た外旋六筋 →が前


前から見た外旋六筋


少し特殊な外閉鎖筋(下から見ています)



特徴

「深層外旋六筋」とまとめて呼ばれることが多いです。

上から梨状筋・上双子筋・内閉鎖筋・下双子筋・大腿方形筋・外閉鎖筋。

この6つの筋肉で股関節を外に回していくことができます。

また股関節が外れてしまわないように保護もしてくれています。

特に股関節を外旋させる力が強いのが内閉鎖筋と大腿方形筋。

梨状筋には外転、大腿方形筋には内転という作用も含まれますが、基本的に全てが外旋筋として働きます。

ほとんどが仙骨神経叢という神経支配のため、障害されるとお尻から足にかけての痛みや痺れと認識されやすいのが特徴です。

どの筋肉も同じですが特にバランスが重要なのがこの筋肉。硬く短縮していると梨状筋症候群と呼ばれる「坐骨神経痛」などを引き起こす原因となります。

逆にうまく働けずに伸ばされていると「足が抜けそう」と表現されるような不快感が出てきます。

ややこしいのがどの体勢で固まるかがひとりひとり異なっているところ。坐骨神経痛がなかなか良くならない方が多いのはこういった点からだと考えています。

また、近くにある中臀筋という身体のバランスを取る筋肉とも関連が深く、腰痛の原因の一部となることもあります。


腰を施術されてもなかなか良くならない。


そういった場合には原因が腰の筋肉ではないことが考えられます。

身に覚えのある方は是非ともこの外旋六筋や股関節を見てくれる先生を探してみてください。