修行中知識も技術も乏しかったころ、治せない言い訳として使っていた言葉があります。

「◯◯さんは骨盤が歪んでますから良くなるまでには少し時間がかかるかもしれません」

こんな無責任なことを言っていました。その頃はなぜ痛みが引かないのかもわかっておらず適当に骨盤のせいにしてました。

今回はそんな骨盤の矯正についての話です。

そもそも骨盤って歪むの?

骨盤の変形等については以前から医師を筆頭にカイロプラクティックや整体など様々な分野の先生方が研究をしていますが、おそらくは未だに決定的な証拠が出てきてないんじゃないでしょうか。

例えば仙骨と腸骨をジョイントしている部分。仙腸関節といいます。ここが「5度ぐらいの角度で動く」という先生もいれば「硬い靭帯にギチギチに守られているので動かない」という先生もいて、どちらが正しいかよくわからない。

決定的な証拠がないので骨盤が歪むかどうかは現状はまだ不明らしいです。現場感覚としては動いていると感じることがあるので、ほんの少しなら歪む可能性があると言った感じです。(先天的な骨の左右差は度外視してます)

骨盤が歪むと痛いの?

骨盤を細かく見ると複数の骨でできていて如何にも歪みそう。そして歪むとどこか痛くなりそうなイメージ。確かに小さな歪みが痛みの原因となることもあるのかもしれません。

当院にも「骨盤矯正をしてもらえますか?」というお問い合わせをいただくことがあります。

お話を聞かせてもらうと大体は「マッサージとかじゃなく骨盤自体を治してほしい」という要望。理由を尋ねると「姿勢が悪くなったのか背中が痛い」「産後から腰が痛い」「下腹が出てきた」こんな感じです。

大体はやっぱり痛いから何とかしてもらいたいというのがメインです。

ご来院いただいて色々と検査をさせてもらうと、背骨に対して骨盤全体が前に傾いている、後に傾いている、左右に傾いているという問題をクリアにすれば解決できる内容ばかり。

もちろん、断言はできませんが骨盤に関するお悩みは骨盤の歪みではない可能性も十分にあると思っています。

お問い合わせについても当院ではバキバキするタイプの骨盤矯正は行っていないこと。痛みやお悩みについては骨盤に関する筋肉の問題に触れることで解決できるとお伝えしています。

カイロプラクティックとバキバキ

カイロといえば息を吐いてーって言われながらグッとされてバキッとなるアレ。自分でも首とか腰を軽く捻ってポキッと鳴らしたくなるやつです。

好きな人はめっちゃ好きなバキバキ系の施術。やられた後のスッキリした感じが好きという話をよく聞きます。逆に嫌いっていうかあまり受けたことがない方はみんな揃って「怖い」と言います。

苦手な方もTVや動画でチラッと見たことがあると思いますが腰椎とか胸椎の調整はまだ平気。問題は首です。これ以上回らないぐらい捻られたところからもう一押しされてバキッ。

もちろんある程度安全には配慮されているはずなんですが、やってることが暗殺者が後から首をグインってやるやつと変わらないんで結構怖い。

苦手な方のためにアクティベーターという骨に衝撃を与えて調整する道具や、狙ったところを数センチ持ち上げて落とす衝撃で調整ができるトムソンベッド(ドロップテーブル)などもあるので、バキバキに絶対的な自信があって「うちはコレ一本でやっとるんじゃ」みたいなところ以外なら大丈夫。

カイロを受けてみたいんだけど怖いという方は相談してみると意外とバキッとしないでラクになれるかもしれません。

バキッとするあの音は何なの?

関節の中で気泡が弾けるときの音です。

関節は「関節包」という袋に包まれています。袋の中身は関節液という潤滑剤の役割と酸素等の活動に必要な物質が入っています。この袋は完全密封されていて空気は入っていません。

密封されているので関節を大きく早く動かすと袋の中の圧力が急激に低下します。

圧力が急激に低下すると沸騰したように水分から気泡が現れます。気泡の中身は関節液の中にある酸素と水蒸気。

その一部が弾けて「パキン」と鳴るのです。

安全に配慮をしてもらえる先生を探しましょう

一度バキッとした後はしばらくバキッとすることができません。指を反って音を鳴らした経験がある方はよくわかると思います。鳴らした後、普段だったらこの辺りから引っかかるような感覚があるはずなのにそれがない。

音が鳴らないのは気泡が弾けないまま関節包の中に溜まっていて、引っかかる感覚がないのは最初よりも圧力がかかりにくくなっているからです。


圧力がかかりにくい

関節の自由度が高くなる

身体が楽に動くように感じる


おそらくカイロプラクティックのスッキリ感や楽な感じはこのためだと思われます。


ただ気をつけたいのは関節内の圧力を高めて引っかかる感覚をあえて持たせている可能性があるということ。

ちょっとわかりにくいんですが、言い換えると「わざと自由度を減らして関節が壊れないように守っているかもしれない」って感じです。


バキバキ系の施術は身体の安全装置を外すことで楽な感覚を得ている可能性がある

とも言えます。


20分程度で関節包の中の気泡は自然と消えるため再び安全装置が発動することになるのですが、その間に同じところを何度も捻られたり強引に捻られるようなことがあると簡単に体は壊れてしまいます。

なので受けるなら絶対熟練されている先生にやってもらう。これ以外ありません。


法整備が進んでいないのか、そもそも無視されているのか、残念なことにカイロプラクティックは未だ国家資格がありません。そのため名乗ろうと思えばすぐに「カイロプラクター」を名乗れるし「カイロプラクティックのお店」を出すことも可能です。

そのため技術については玉石混交。いいも悪いもごちゃ混ぜになった状態。

選ぶお店は慎重に決めたいですね。

今回のお話は以上です。

このブログでは肩こりや腰痛にお悩みの方が少しでもラクになるような情報をお伝えしていきます。次の記事もご期待ください。

免責事項的なやつ

基本的に情報は精査した上で提供いたします。だけど、医学的、科学的根拠に欠ける自分の経験上の話なども含めることが多々ありますのでご容赦ください。

また掲載したセルフケアを行うとき、痛みが出る、痛みが増すようなことがあれば直ぐに中止して、医師の診断を受けてください。これを読んで実施したから症状が悪化したという場合も責任を負うことができないので、その辺だけは十分に注意してください。