挙がらない肩には3つの対策で

四十肩/五十肩あるある

  • 上の物が取れない
  • 髪が洗えない
  • 服の袖を通せない
  • 夜中に痛みで目を覚ます

こんな感じでお困りの方はご安心ください。
当院の整体施術がぴったりハマると思いますよ!

本当にしぶとい肩の痛み

一般的に四十肩や五十肩と呼ばれる症状は正式名称じゃなく正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれます。男女別の発生機会は女性がやや多いとされていますが、男性もよく肩関節周囲炎の相談にお見えになるため、経験上で性差はそれほど感じません。

肩の強い痛みと関節拘縮を伴って日常生活に支障をきたす厄介な症状。そして特徴的なのが「夜間痛」という寝てるときの痛み。

・整骨院で電気治療とマッサージ
・整形外科でステロイドやヒアルロン酸の注射
・アイロン体操

色々やっても、なかなか可動域が広がらない。
痛みも減っていかない。

四十肩/五十肩には何したらいいの?

竹林堂整体院の四十肩/五十肩の施術は大きく分けて3段階。

STEP1:関節の隙間を空ける

肩関節を構成する筋肉のいずれかがダメージを受けて細かい傷が入っていると腫れて肩を動かすスペースが減ってしまいます。そしてスペースがないと後にちょっとお話する滑液包という袋がうまく滑らず肩の動きがどんどん悪くなってきてしまいます。

なので、最初はその関節の隙間を空けることを考えて施術します。

STEP2:袋の癒着を剥がす

肩の外側で肩甲骨と鎖骨が合わさる部分を「肩峰:けんぽう」と言います。その下に肩峰下滑液包という袋があります。周囲には烏口上滑液包や肩甲下滑液包などの袋があり、それぞれの袋が肩の関節を保護するとともに滑らかでスベスベな状態を保つことで円滑な肩の運動を可能にしています。

四十肩/五十肩は使いすぎや小さな損傷で関節の隙間が減ってしまい、動きの鈍った滑液包が癒着を起こすことでも起こります。スペースを作った上で滑液包の周りを滑らせるようにマッサージしたり、痛みなく動かせる範囲で肩を動かしてもらったりすることで少しずつ癒着を剥がしていきます。

隙間を開けて少し動きが出てきたら癒着を剥がすのがSTEP2です。

STEP3:筋肉との癒着を剥がす

肩の前側には上腕二頭筋の端っこが細く固い「腱」となっています。肩の前側が痛い方はその上腕二頭筋腱に問題があることが多いです。先ほどの滑液包の動きが鈍ると上腕二頭筋腱の表面を傷付ける可能性があります。そして傷ついた部分を保護するように滑液包との間に癒着が起こります。

竹林堂整体院では前腕を操作して筋肉の繋がりを利用することで肩の前側の癒着を剥がしていきます。ちょっと痛みが出ることがありますが、STEPを全て踏んでいくと大体の方が少ない痛みで肩を動かせるようになります。

最後は脳の問題

施術後に良くなったと思っても割とすぐに痛みが戻る方が多いです。腕は日常生活などでも使用頻度が高く少し良くなってはまた痛くなるという繰り返しになるケースがほとんどです。

竹林堂整体院では関節の隙間を開けてもらうためのエクササイズをお伝えして痛みの戻りにも対応してもらうよう努めていますが、それでも時間がかかることが多いのが実情です。

ただ中には「もう大丈夫なはず」という方の動きや痛みがなかなか動きが改善しないことがあります。そういう場合は脳の問題であることが多いです。

前はこういう動作でメチャメチャ痛かった。だからその動きはやりたくない。

そんな感じで脳が拒否するんです。動かそうとすると筋肉は緊張するし、動かされると実際には微々たる痛みのはずの動作でも増幅されて「すごく痛い」という信号が出ちゃう。

こういった反応は、本来、生物が持っている自己防衛機能なんです。でも肩に関しては動かさないと滑液包の滑りが悪くなって癒着を起こして、仮に痛みがなくなっても動ける範囲がすごく狭くなってしまいます。

痛くなく動かせる経験が必要

施術を受けて楽になっても、きっとしばらくはイタチゴッコ。でも楽になって痛みがなく動かせるという経験を繰り返し積むことが脳の問題をクリアできる唯一の道だと思っています。

お任せください

竹林堂整体院なら長く解消されなかった厄介なそのお悩み、何とかできるかもしれません。

繰り返しの施術が必要なため本当に何とかなるのか不安になることもあるでしょう。しかし少し先の未来を考えたときには、こういった方法で必要な部分に必要な施術を行なっていく事が一番だと信じています。

そしてしっかりと繰り返しの施術を受けることが「整体院をちゃんと卒業」してもらえるための秘訣だと思います。